福島市で一戸建てを扱う業者を徹底比較しました

HOME » 一戸建て購入時に考えておくべきポイント » 資金計画の立て方

資金計画の立て方

ここでは、戸建購入において重要なポイントでもある、資金計画の立て方について説明します。

ライフプランにあわせた資金計画を

住宅は、一生涯のなかでももっとも高額な買い物。おぼろげな資金計画だと、のちのち日常生活への影響も与えかねません。

そうならいよう賢く資金計画を立てるために明確にしておきたのが、家族のライフプランです。

いま子どもが何歳で、何年後に学費がどれだけいるのか。車の買い替え予定や、家の増改築予定は。また、仕事は定年までにどれくらいの収入が見込めるのか。夫婦の老後の資金はどれくらい確保しておくのか…。

こうした大まかなライフプランをはじめ、月々の食費・生活はいくらくらいかかって、月いくらまでならローンを組んでも大丈夫か、などの細かいプランニングも大切。

なかでも、退職金での返済を計画に入れるのは要注意。

いまのご時世、退職金を満額もらえないケースや、早期退職を促されるケースなど少なくありません。ローンは、確実に拠出できる資本から支払うように計画立てしましょう。

また、手付金や仲介手数料などは基本的に現金払いとなりますので、最低でも2,000,000円~は現金を手元に用意しておく必要があります。

不動産以外にもかかる諸費用

戸建購入、とくに新築戸建の場合は土地・建物の不動産以外にももろもろ費用がかかります。

不動産取得にかんする税金などの諸費用はあらかじめ売価に入っていたり、契約前の資金シミュレーションでどれくらいかかるのか教えてもらえますが、問題は設備・環境面の投資。

新築の場合、引き渡し時にそろっているのは、建物と土地、電気・水道・ガスの設備のみ。

カーテンや網戸、照明器具、エアコンなどは自分たちで手配・用意する必要がありますが、これがまとまった額になるとかなりの金額となってしまいます。網戸だけも100,000円前後、エアコンを各部屋につけるとなると300,000円~500,000は見ておく必要があるでしょう。

家まわりも土のままのケースがほとんどですので、別途、砂利を引いたり、必要に応じてカーポート・サイクルポートを設置することとなります。

こうしたことも考慮し、土地・建物費用+1,000,000円~2,000,000円程度見積もって資金計画を立ててみてください。