福島市で一戸建てを扱う業者を徹底比較しました

HOME » 一戸建て購入時に考えておくべきポイント » 入居までの流れ

入居までの流れ

戸建住宅を購入するにあたって、知っておきたい入居までの流れをまとめてみました。

【check】戸建住宅入居までの流れ

■住む家のイメージを固める
戸建購入は、まずはどのような家に住みたいのかイメージを固めることからはじまります。できれば家族全員の希望をすべて反映させたいところですが、それはなかなか至難のわざ。立地や交通、間取り、住環境など、それぞれがゆずれない点や優先ポイントなどを話し合い、各家庭のライフスタイルに見合う家の理想系を固めるといいでしょう。

■マネープランを立てる
イメージが固まったら、マネープランを立てます。イメージする物件の相場や、税金や引っ越し費用、新居であらたに必要になる設備なども計算に入れ、頭金の額やローン返済プランなどを見積もっておきましょう。いいかげんな資金計画だと、のちのち大変なことになりますので、不安な点は住宅メーカーの担当者などに相談してみてください。

■物件を探す
資金面にめどをついたら、いよいよ物件探し。これからずっと住み続ける家ですから、慎重にチェックしていってください。国の定める住宅性能表示制度などの評価制度も利用すると、なお安心です。また、現地見学会などにも積極的に足を運び、実際に目で確かめてみることも大切。

■契約
物件がきまったら建物・土地などの不動産契約へと進み、宅地建物取引主任者から重要事項説明をうけます。時間はおよそ2時間~程度。中古・新築で少し内容が異なり、中古のほうが説明事項が多くなっています。ここで不備がなければ各種書類に署名・捺印をし、契約が成立です。

■ローン申請・審査
ローン申請は不動産屋さんとの売買契約が完了したあと、金融機関へ申請します。ほとんどの場合、あらかじめ事前審査があるので、その時点でローンの可否や金利、ローン額についての連絡があり、問題なければ本審査もパスできます。

■引き渡し前の立会い確認
建物が完成すると、確認に立会いします。このとき、「柱や壁、床にキズはないか」「外壁は削れていないか」など、細部まで念入りにチェックしてください。とくに、汚れの付着は要注意。ここで申告しておけば引き渡しまでに無償で修繕してくれますが、引き渡し後になにか不備を発見しても修理は自己負担となってしまいます。

■建物引き渡し
およそ1週間後、立会い時に申告した箇所が修繕されれば建物の引き渡し、鍵をうけとります。このとき、照明やカーテン、フロアコーティング、造園業者などにも来てもらい、施工見積もりなどをしてもらうと手間が省けます。

■引っ越し・入居
各施工が完成すれば、引っ越しです。住民票や運転免許、転校などの手続きも滞りなく。

新築の場合、建物が完成へ近づくにしがたってすべきことがどんどん増えていきます。共働きの家庭では結構な負担となってしまいますので、計画的にこなしていきましょう。